外為窓口のしくみ

両替・送金・輸出入

外貨の現金やトラベラ|ズチェックの両替は、ハイカウンタではなく、外為専用の窓口で取り扱っていることが多いようです。

 

これは、外貨がからむ分、事務処理が複雑に芯り、ハイカウンターの係の人では取り扱え芯いというのが主な理由です。

 

銀行やお屈によって扱っている通貨の種類は異なります。

 

外為窓口では、海外への送金も扱っています。

 

圏内の振込であれば、受取人の口座番号、か間違っていた場合、すぐにわかりますが、海外に電子的に送金する場合は、システムが直接つな、かってい什ゆいため、そうはいきません。
もし口座番号、か間違っていたら、英語でのいろいろなやりとりが発生し、か芯り面倒なととになります。

 

外為窓口では、貿易(輸出入)にかかわる業務も取り扱っています。

 

遠隔地にある企業どうしが品物と代金を交換するには、さまざまなリスクが発生します。

 

銀行は図のように信用状(L/C)を使い、圏内企業と海外の貿易相手の聞に入るととによって、そのリスクを減らしてあげたり、必要なお金を貸してあげたりしてサポートをすることによって収益を椋いでいます。

 

舛貨預金とインパクトローン

 

外為の窓口では、外貰預金と外貨建の融資も取り扱っています。

 

外市貝預金の口座は個人でもつくれますが、外貨建の融資は通常、事業法人向けです。
借りたお金の使用目的に制限のない外貨建の融資を「インパクト口lン」と呼んでいます。

 

外貰を圏内での設備投資や人件費などの調達にあてることにより、雇用と賃金所得が増え、消費財に対する需要が増大してインフレへの衝撃(インパクト)作用をもたらすーーといった意味合いから生まれた言葉らしいですが、うーむ。説明を聞いてもよくわからないですね。

 

ちなみに、これは和製英語なので、海外では使わないでください。

 

外為窓口がない店もある

 

外為業務をどの屈でどこまで取り扱うかは、銀行の裁量に任されているため、小さいお庖芯どでは、外為窓口、がない場合もあります。

 

外為窓口が芯いお屈にそういった用件のお客様が来た場合、お断りするのではなく、受付して、外為業務ができる別の屈に取り次ぐとともあります。

 

取次ぎの場合は、物理的に書類や現金、がお百聞を行き来するため、処理に何日かかかることになります。

 

舛貨の売り切れって何?

現金を両替するとき銀行が手にする手数料は、米ドルであれば、多くの銀行で1ドルにつき3円です。

 

トラベラ|ズチェックを作成する場合は、1ドルにつき1円の為替手数料に加えて、1%の発行手数料をとるケースが多いでしょう。

 

たとえば、100ドル(為替レートが1ドル100円ぐらいとすれば約1万円)の両替では、現金で300円、トラベラ|ズチェックで200円が銀行の収益です。
少額の両替は銀行にとって、もうからない商売です。

 

ときどき窓口に「外貨は売り切れました」の表示が出ていることがありますが、本当は売り切れてなんかいないのに、他の外為業務で忙しいから両替をしたくないだけということもあり得ます。
また最近は、大都市のタミナル駅などを中心に、外貨両替専門の庖舗が増えてきています。

 

こういった屈舗では、顧害の利便性を考え、取扱い通貨の種類を増やしたり、営業時聞を延ばして、平日の夜や週末も開けたりしています。

 

もちろん、ここは両替が主たる業務ですので、売り切れていないのに売り切れなどとウソをつくことはほとんどありません。

 

サラ金の事ならコチラ↓

サラ金<<低金利で安心今日から借りれる銀行系カードローン>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

預金窓口のしくみ

預金窓口は、顧害が立ったまま用件をすませられる高い位置にあるため、「ハイカウンター」と呼ばれます。

 

そこでお客様に対応している銀行員は「八イテラ|」と呼ばれます。

 

窓口をよくみると、一アラーの後ろにも何人か銀行員がいます。

 

税金・手形・振込などそれぞれ自分、が担当する事務をしていたり、テラーが受け付けたものを処理したりします。

 

銀行内では、お客様と接する最前線にいるテラーを「1線」、後方事務の担当者を「2線」と呼ぶこともあります。

 

 

 

テラーはどんな人?

預金窓口にいるテラーは銀行の制服を着ていますが、実は派遣社員や契約社員、パートであることが多いです。
新人行員が研修を兼ねて窓口に出ていることもあります。

 

正規の行員は、預金窓口の隣にある資産運用窓口で相談受付をしていたり、全体を管理するため窓口の後方にいたりします。

 

 

 

預金窓口で扱うもの

簡単な入出金や振込であればATMですませるととができますが、窓口でないと処理できないものもあります。

 

最近では旧万円以上の現金振込、かATMでできなく芯ったため、窓口の利用が増えています。

 

入出金の他に、納税や企業の給与振込や総合振込、手形の取立や小切手を使った払戻しなどがあります。

 

預金窓口にあるいろいろな機械

預金窓口やその後ろには、いろいろな種類の機械・コンビユ夕、かあります。

 

ます、テラーのととろには、ライトスタンドのような機械があります。
これは、顧客が記入した帳票読み取りゃ印鑑照合のための機械です。

 

その横には、金額や振込先など処理に必要芯項目を入力するための端末があり、入出金記帳伝票印字ができる機械も設置されています。
窓口の後ろに大き芯機械が1台置いてあることがあります。

 

とれは、窓口の機械では処理でき芯いく5いの大量の現金を高速で数えて入出金ができ、新札や硬貨にも対応できる機械です。

 

なぜ時聞がかかるのか?

 

街中の銀行の窓口に行くと、番号札を引いてからなか芯か呼ばれず、呼ばれても処理が終わるまで長い時間待たされるととがよくあります。

 

預金窓口で受け付けたものは、テラーだけで処理できるものもあれば、後方に固さないと処理できないものもあります。

 

税金や手形などは、一度にたくさんもち込まれるうえに、チェックするところも多いので、後方に処理を頼みます。

 

また、銀行の手続き上、役席者の承認が必要なととも多いのです。
このように、テラーだけでなく複数の人の手を介するために、時聞がかかってしまうのです。
また、銀行によっては端末が古いため、現金がつまったり処理に時間がかかったりします。

 

テラーが経験の浅い派遣社員や若手だったりすると、処理に手間取ってしまうことも原因の一つです。
銀行は、お客様の待ち時間を減らそうと、事務処理の流れを変更したり、昼休みや月末などの混みあう時間にテラーを増やしたり、支屈に待ち時間短縮目標を与えて支居どうしで競争させたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

典型的な支店のつくりは?

典型的な銀行のお店のつくり

典型的な銀行のお屈のつくりお客様かうみえるのは大きく典型的な銀行の支居空間は、3つに分けられます。

お屈に入るとまずあるのが、ATMが並んでいる「機械コーナー」。

その奥やわきに、さまざまな窓口(カウンター)が並んでいる「ロビ|」があります。

窓口の奥には、机と椅子がたくさんある「宮業室」と呼ばれる空間があり、何人もの銀行員が働いているのがみえます。

有人窓口の宮業は午後3時までですが、機械コーナーはたいていそれよりは遅く、夜7時や9時頃まで聞いています。

機械コーナーが入口のすぐ近くにあるのは、有人窓口の営業が終わったあとも、お客様が入ってとうれるようにしているためです。

防犯上の理由で、午後3時になると、シャッターや扉で機械コーナーとロビーとは遮断されます。

窓口は2種類ある

窓口は、お客様が立ったまま用を足す「ハイカウンター」とお客様が座って用件を聞いてもらう「口ーカウンター」の2種類に分かれます。

ハイカウンターでは、比較的時間のかからない、入出金・振込・税金の支払などを受け付けています。

それに対して、口ーカウンターは時間のかかるものを取り扱っています。

新規口座の開設、外貨両替、ローンの相談、投資信託や保険の販売などです。

一昔前までは、口ーカウンターはロビーから丸みえでしたが、最近は、お害様のプライバシーを重視して、ロカウンターの後ろや横に衝立を置き、ブースのような形にして他のお客様かうみえにくくしている銀行が増えてきました。

 

番号札とロビースタッフ

混雑しているお屈には、窓口で受け付けてもらう順番を確保するために「番号札」を取る機械が置いてあります。

また、機械コーナーやロビーでまごついているお客様を誘導するためにロビースタッフがいるお屈もあります。

一見、ベテランの従業員を配置しているようですが、正社員では芯く、パー卜さんがほとんどです。

ロビーは防犯に適したつくりに記帳台ロビーにはお客様が座って待つためのソファーや椅子が置いてありますが、たいていの場合、すべて窓口のほうを向いて置かれています。

そのため、お客様は、窓口係とその奥の空間にいる銀行員が何をしているかを観察できるととに芯ります。

レストランのオーブンキッチンのようなイメージですが、銀行のお屈はお客様にみせることを意識しているわけではありません。

いくらじっとみつめてもパフォーマンスをしてくれることはないでしょう。

むしろ、不審者がいないかを多くの目で監視するために、ロビーを見渡せるようにゆっくりになっているのです。

ちなみに、お屈に入ると「いうっしゃいませ」と大声で二斉に声をかけられるケースが多いのですが、これもお客様を歓迎しているというよりむしろ、防犯上の理由でそうしています。

 

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!